カテゴリー

Tiptop Audio QuantiZer

価格 : 34,900円(税抜/Tax Excl.)
数量
 

Out of Stock

Tiptop

Tiptop
 

JACKS and KNOBS

Note CV Input

クォンタイズされるCVの入力です。入力電圧は0〜10ボルト, 0〜5ボルト、-5〜+5ボルトを選択できます。

Scale CV Input

スケール選択のCVコントロール、またはトランスポーズを行うCV入力です。どちらを行うかの設定は、"KEYBOARD"ボタンを数回押して"Input Range"を選択し、"G"の鍵盤ボタンを押して選択します。LEDがONの時スケール選択のコントロール、LEDがOFFの時トランスポーズを行います

1V/Oct Output

クォンタイズされた信号を出力します

Reset Input

記録したシーケンスを1ステップ目にリセットするジャックです

Clock Input

クロック入力。ここにトリガー信号が入った時のみクォンタイズする(サンプル&ホールド)ような設定(トリガーモード)が可能です。またシーケンスを記録する際のクロック入力になります。

Major Scale Button

このボタンを押し、次にルート音階のボタンを押してクォンタイズをメジャースケールに設定します

Minor Scale Button

このボタンを押し、次にルート音階のボタンを押してクォンタイズを(ナチュラル)マイナースケールに設定します

Reset Button

メモリーしたシーケンスをマニュアルで1ステップ目に戻すリセットボタンです。また長押しすると最後にセーブした状態に戻ります

record

クォンタイズされたシーケンスを記録するボタンです。512ステップまで記録できます

Force 0V Button

入力CVに関係なく0Vを出力します。オシレーターのチューニングなどに使用できます

Clear Button

長押しで記録されたシーケンスをクリアします

Keyboard Select Button

鍵盤ボタンで設定する内容を選択します。

  • Keys: 入力CVやサンプル&ホールドのタイミングに関係なく、鍵盤を押すことですぐに対応した音階を出力させます。1オクターブの鍵盤のように鍵盤ボタンを使えます。出力CVは選択したスケール内の音階のみになります(選択スケールに含まれない鍵盤を押すと一番近い鍵盤に寄せられます)。
  • Scale Edit: Major/Minor/S1/S2ボタンによって現在選択しているスケールから、音階を取り除いたり加えたりします
  • Transpose: スケールを移調します
  • Input Range: 入力CVレンジをはじめとして、鍵盤ボタンの横に書かれた設定項目を選択します。設定内容の詳細は鍵盤ボタンの説明をご覧ください

Slider Select Button

スライダーで設定する内容を選択します。

  • Notes: スライダーに応じた音階をそのまま出力します。5オクターブの範囲の1V/Octシグナルが出力できます
  • Portamento: 音階が変わる際にかかるポルタメント量を調整します。ポルタメントはトリガーモードでは無効です
  • Transpose: 移調を半音単位で設定します
  • Octave オクターブを0〜4オクターブの範囲でシフトします
  • Input range 入力CVレンジを設定します

Slider

Slider Selectで選択した機能を行うスライダーです

Octave LEDs

現在のオクターブを表示します

S1&S2 Button

カスタマイズしたスケールを呼び出すボタンです。S1、S2それぞれ、鍵盤に対応した12個のカスタムスケールが記録できます。どちらかのボタンを押し、次に鍵盤ボタンを押してカスタムスケールを呼び出します

Keyboard Button

Keyboard Selectで選択した機能を行うボタンです。

Keyboard Selectで"Input Range"を選んでいる場合は各種設定やセーブを行えます。ボタンごとの設定項目は次の通りです

  • C,Db,D: これらのどれかを押し、入力CVの範囲を切り替えます
  • Eb,E,F,Gb: クロックのフォーマットをこのどれかから選択します。SyncはSyncbusを使用します。DAW/DIN/16thは全てClock Inを使用したクロックで、DAWは24ppq, DINは遅れを考慮したDIN Syncの24ppq、16thは通常の16分のクロックを想定しています。
  • G: Scale CVをスケールの選択に使用する(LED オン)か、トランスポーズに使用するか(LED オフ)を切り替えます
  • Ab: クォンタイズレベルのオン・オフ
  • A: CLOCK INにトリガーを受けた時のみクォンタイズし、つぎのトリガーまでその出力ピッチCVをホールドする(サンプル&ホールド)トリガーモードのON/OFFを切り替えます。トリガーモードオフの時はクォンタイズは即座に行われます
  • B: 現在の設定やカスタムスケールを保存します

画面にカーソルを合わせると各部の役割がポップアップで表示されます。

MUSICAL FEATURES

QuantiZerはパフォーマンス性と多くの機能をコンパクトなサイズにおさめたクォンタイザーです。
  • -0〜10ボルト, 0〜5ボルト、-5〜+5ボルトから選択可能な入力範囲をもった高精度なADコンバーター
  • - 0-5Vの出力範囲を持った高精度なDAコンバーター
  • - 入力CVを即座にクォンタイズするフリーランニングモードと、Clock Inへのトリガーによってクォンタイズする(サンプル&ホールド)トリガーモードを切り替え可能
  • - 音階を記録するためのスケッチパッド機能
  • - 他のTiptop機器とのデータやりとりや同期を可能にするSyncBusコネクター搭載
  • - スケール選択はCVでもコントロール可能
  • - トランスポーズやポルタメントなどをコントロールできるスライダー搭載
  • - スケールの音階を選んだりそのまま鍵盤としても使用できる鍵盤ボタン搭載
  • - メジャースケール、マイナースケールはボタンですぐに選択可能
  • - ユーザーがエディットしたスケールはメモリーに24個格納できます
  • - アップデート用のUSBポートを背面に搭載

基本操作

鍵盤ボタンはスケールの設定だけでなく、トランスポーズや単純な鍵盤としての使用も可能です。どのように使用するかは"KEYBOARD"ボタンを数回押して選択します。またスライダーでもパフォーマンスに役立つ多くの操作を行えます。どのような操作をするかは"SLIDER"ボタンを数回押して選択します

好きなスケールで使用する場合は、まずS1ボタンを押し、次に鍵盤ボタンのどれかを押します。これによってS1のバンクの中の12個のカスタムスケールの中の1つを選択したことになります。次に"Keyboard"ボタンを何回か押し、"Scale Edit"を選択します。その状態で鍵盤ボタンによって、出力したい音階を選択してください。出力される音階が緑のLEDで表示され、現在の音階が赤く光ります。

また電源を落としても設定やバンク内スケールが残るようにするにはセーブします。"KEYBOARD"ボタンを押してInput Rangeを選択し、Bの鍵盤ボタンを押せばセーブ可能です。

詳細な機能や設定オプションについては各部の説明を参照してください。

レコーディング機能

QuantiZerには、スケッチパッドと呼ばれるレコーディング機能がつきます。Recordボタンを押してLEDが赤く点灯したらレコーディング開始です。レコーディング中は鍵盤ボタンをマニュアルで押すことで、入力クロックに応じてステップごとに音階が記録されていきます。記録が終わったら再度Recordボタンを押し、LEDを点滅させることで記録したシーケンスが再生します。シーケンスを最初から再生したい場合はResetボタンやResetシグナルを使用してください。

SyncBusで接続することで、Circadian Rhythms(CR)上のループと紐づけてシーケンスをレコーディングすることも可能です。まずマニュアルにあるようにSyncBusケーブルでCRとQuantiZerを接続します。同期をSyncBusで行うため、"KEYBOARD"ボタンを押してInput Rangeを選択し、Ebの鍵盤ボタンを押して同期をSyncBusに設定します。CRでBOSSボタンを2度押し、CRをQuantiZerのマスターとします。CRでループを設定してください。Recordボタンを押すと記録が始まり、自動で終了します。CR上のループが再生されると記録したシーケンスも再生されます。シーケンスはCRのループ内のプリセットと紐づけて記録されるため、CR上のあるプリセットを再生すると、ループ内でそのプリセットに対応した箇所のシーケンスのみが再生できます。

 
Format: Eurorack
Width: 10HP
Depth: 43mm
Current: 60mA@+12V, 5mA@-12V
Manual pdf (English)

Brands > Tiptop Audio > Tiptop Audio QuantiZer
EURORACK サイズ別 > 9HP-16HP > Tiptop Audio QuantiZer
Functions > Envelope / LFO / CV Generator / CV Processor > Quantizer > Tiptop Audio QuantiZer

EXTERNAL LINKS


 
  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてツイート