カテゴリー

Make Noise 0-Coast

価格 : 57,800円(税抜/Tax Excl.)
数量
 

Out of Stock

Make

Make
 
MIDI OUTS

入力されたMIDIの出力セクションです。金色の線で示すように、MIDI Aは内臓オシレーターのピッチCVとCOUNTOURのゲート入力に変換されます。MIDI Bがどのように出力されるかは設定によって変わります。"DETAILS"のMIDI設定の説明をご覧ください。

PGM A Button

MIDI等の設定に使うボタンです。長押しによって設定(PGM)ページに入ります。その後PGM Aボタンを押すたびに設定項目(ページ)が変わります。ページ7が最後のページで、その際にPGM Aを押すと設定モードを抜けられます。またPGM AとPGM B両方の長押しで、アルペジエイターのON/OFFを切り替えます。

MIDI IN

MIDIの入力用ステレオミニジャックです。通常のDINタイプのMIDIケーブルからMIDIを送る場合、付属するDINからステレオミニへのMIDI変換ケーブルを使用してください。ステレオミニで出力されるMIDI機器とは、通常のステレオミニケーブルを使って接続が可能です

PGM B Button

各種MIDI等の設定に使用します。PGM Aボタンを使って選択した設定項目の、値を切り替えて設定していくときにPGM Bボタンを押します。またPGM AとPGM B両方を押すと、アルペジエイターのON/OFFを切り替えます。MIDIノートがスタックしてしまったりしたトラブル時には、PGM Bボタンを長押しすることでクリアすることができます。またタップテンポボタンとしても使用します。

Tempo Input

テンポ入力ジャック。クロックやトリガー/ゲートシグナルを入力することでクロックやランダム電圧の切り替えタイミングを同期することができます。

Clock Output

0-Coastの同期イベント用のクロックを出力します。クロックは、上のTEMPO入力のタイミング、もしくはPGM Bボタンのタップ、またはMIDI クロックに同期します。

Stepped Random Voltage Output

クロックのタイミングごとにランダムに切り替わるランダム電圧を出力します。LEDウィンドウは出力電圧の大きさを示します

Voltage Math Inputs

Voltage Mathセクションへの入力です。左の入力電圧と、アッテインバータでの設定通りに反転や減衰された右の入力の合計電圧が下の出力ジャックから出力されます。

Attenuverter

上のジャックに入力されたシグナルの減衰や反転を行います。12時の位置で0となり、右に回すほど出力シグナルが大きくなります。左に回すと入力を反転したうえで、出力シグナルの大きさが大きくなっていきます。

また入力にパッチがされていない時は、つまみの位置に応じた一定電圧を出力されます。12時の位置で0ボルト、右に回していくとプラスの出力電圧値がだんだん大きくなり、回し切ると8ボルトとなります。左に回していくとマイナスの出力となり、回し切ると-8ボルトとなります。

Voltage Math Output

左側の入力電圧そのものと、右側の入力をアッテインバーターに通した電圧を合算して出力します。2つの出力からは同じ電圧が出力されます。LEDウィンドウは出力電圧の大きさと符合を表します

Oscillator Outputs

オシレーターの三角波及びスクエア波の出力ジャックです

Oscillator Pitch Control

オシレーターのピッチコントロールノブです。大きいノブが広い周波数レンジの設定、小さい軸上のノブが狭い周波数レンジの設定となります。金色の小さいトリマーは1V/Octコントロールがずれた時の調整用トリマーです。出荷時には調整されていますので、特に問題がない場合には触らないでください。

1V/Oct Input

オシレーターピッチの1V/Oct入力です。通常のCVゲートによる0-Coastのコントロールを行うには、シーケンサーのピッチCVをここにパッチしてください。

Linear FM Input

オシレーターピッチのCV入力と、そのCVの効きの強さをコントロールするアッテネータです。スケールが変わるため1V/Oct入力のように音階コントロールには向きませんが、繊細な周波数変調やFMシンセシスのためのモジュレーション入力として使用できます。

Overtone Control

オシレーターの波形を変え、倍音をコントロールするセクションの1段目、オーバートーンコントロールです。主に基音に近い周波数の波形を変形させます。下のノブは、Overtone CVの強さをコントロールするアッテネータです。
 

Multiply Control

オシレーターの波形を変え、倍音をコントロールするセクションの2段目、マルチプライコントロールです。高いオクターブの倍音まで付加することが可能です。下のノブは、Multiply CVの強さを符号も込みでコントロールするアッテインバータです。12時の位置で入力されているMultiply CVが効かなくなります。

Overdtone CV Input

OvertoneコントロールのCV入力ジャック

Multiply CV

MultiplyコントロールのCV入力ジャック。何もパッチされていない時、SLOPEが内部結線されているので、これを効かせたくない時は、Multiply CVのアッテインバータを12時の位置にしてください。またはMultiply CVジャックにダミーケーブルをパッチして、内部結線を断ち切ってください。

Cycle Button

Slopeのサイクルボタン。これを押すと、SlopeがRISE(アタック)→FALL(ディケイ)を繰り返すようになり、LFOのようにして使うことができます。

Slope Shape Controls

RISEはSlopeエンベロープのアタック時間、FALLはディケイ時間をコントロールします。"LOG-EXP"ノブは、エンベロープの時間とともにカーブ形状を変えるノブです。中間の線のあるポイントで、エンベロープは直線になり、EXPやLOGではカーブが下や上に膨らんだ形になります。LEDウィンドウは出力エンベロープの電圧の強さを明るさで表示します

Time CV Input

RiseとFall両方を同時にモジュレーションするCV入力です。

Trigger Input

Slopeのトリガー入力です。トリガーやゲートシグナルを受けるとSlopeエンベロープがスタートします。

EOC Output

End Of Cycle出力。SLOPEのFallの終わった瞬間から、次のRISEが終わるまでONになるゲートシグナルを出力します。別の言い方をすると、Fallではない時間は常にONとなっているゲートシグナルを出力します。

Slope Output

SLOPEエンベロープの出力ジャックです。

Contour Shape Controls

Contourエンベロープのパラメータを設定します。Onsetはアタック時間、Sustainはサステインレベル、Decayはディケイ時間とリリース時間の両方のコントロールになります。"EXP"ノブはエンベロープのカーブ形状を変えるノブです

Decay CV Input

CONTOURエンベロープのディケイ時間をCVコントロールするジャックです。

Gate Input

CONTOURエンベロープのゲート入力ジャックです。ゲートシグナルを受けるとCONTOURエンベロープが立ち上がり、ONSET(アタック)→ディケイの段階を経た後、ゲートONが続く限りサステインします。ゲートがOFFになるとリリースを開始します。通常のCVゲートによる0-Coastのコントロールを行うには、シーケンサーのゲート出力をここにパッチしてください。

EON Output

End Of oNset出力。ONSET(アタック)の終わりから、リリースの終わりまでの間ONとなるゲートシグナルを出力します。別のエンベロープなので実際のタイミングは異なりますが、SLOPEエンベロープのEOC出力とは表と裏のようなタイミングの関係にあります。

Contour Output

Contourエンベロープの出力ジャックです。

Balance Channnel Input

バランスサーキットの左チャンネルへの入力です。パッチしていないとオシレーターの三角波が入力されており、下のノブで三角波と倍音付加されたオシレーター波形のミックスをします。

Balance CV Input

BalanceコントロールのCV入力です

Balance Knob

左側と右側の波形のバランスコントロールノブです。デフォルトでは、オシレーターの三角波と倍音付加セクションを通過した波形のミックスを行います。

Dynamics Combo Knob

Dynamicsセクションでは、VCAと同様最終出力の音量を電圧コントロールしますが、その電圧コントロールの強さをコントロールするノブです。またDynamicsセクションは簡易でマイルドなフィルターの役目も果たすため、コントロール電圧が大きい程、音量が大きいだけではなく、音が明るくなります。

Line Out Section

0-Coastの最終出力ジャックと、音量をマニュアルでコントロールする軸状のノブです。ステレオミニケーブルを使用し、ミキサーやオーディオインターフェース、ヘッドホンなどへ出力してください。

Dynamics CV Input

DynamicsコントロールのCV入力です。Contourエンベロープが内部結線されている為、ここにパッチしていないとContourによってDynamicsがコントロールされます。

Dynamics Output

Dynamicsセクションを通過した最終出力となります。Line Out出力とは異なり、こちらはモノシグナルで、出力レベルもラインレベルより大きいモジュラーレベルでの固定ゲインで出力されます。ミキサーや録音機器、ヘッドホン等に送るにはLine Outを使用し、こちらのDynamics出力は再度モジュラーなどで加工したりエフェクトをかける際に使用してください。

画面にカーソルを合わせると各部の役割がポップアップで表示されます。

MUSICAL FEATURES

※日本語マニュアルはこちらです。

Make Noise初のスタンドアロンのデスクトップシンセサイザーです。 Moogを始めとする"East Coast"哲学とBuchla/Serge/Wiard等の"West Coast"哲学からインスパイアされつつも、そのどちらにも属さないタイプのシンセサイザーです。セミモジュラータイプなのでパッチングをしなくてもそのまま使い始めることができます。パッチケーブルも付属します。

特徴
  • MIDI→CV/Gateの変換は2セット搭載。1つめのMIDI AはピッチCVとゲートに変換されるMIDIノートになります。2つめのMIDI Bは、対応するCV/Gateからの出力を設定によって変更することが可能です
  • デュアルモードのMIDIコントロールアルペジエイター
  • MIDIクロックに同期可能
  • ユーロラックモジュラーのCV/Gateと互換性あり
  • 13の出力、14の入力パッチポイント
  • VCOはトライアングルコアのアナログです
  • OVERTONEやMULTIPLYコントロールを用いた普通とは違う音色モジュレーションが可能
  • トランジスターベースでローパスゲートの動きを再現
  • 全てのコントロールは電圧コントロール可能
  • 外部音声入力つき
  • ヘッドホン、ライン両対応出力
  • しっかりした作りのスティール製エンクロージャー
  • W22.9cm D14cm X H1.9cm のコンパクトサイズ
  • パッチケーブル、MIDIケーブル、日本用ACアダプターつき
 

非常にコンパクトで薄型サイズ


(Korg SQ-1やヘッドホンは付属しません)
 
フォーマット
スタンドアロンセミモジュラーシンセサイザー(電圧はユーロラック互換)
マニュアル
日本語マニュアル
Manual pdf (English)
※当店のユーラックモジュール製品と同様、1年のメーカー保証がつきます

その他リンク:
最新ファームウェア(アップデート法は下部"Firmware Update"セクションを参照してください)
MIDIプログラムページエディット用Max4Liveプログラム

Brands > Make Noise > Make Noise 0-Coast
Standalone Instruments > Make Noise 0-Coast

Details

Interface

0-Coastのインターフェースは左から大まかに
  • MIDIセクション
  • ランダムやVoltage MathなどのCVユーティリティセクション
  • オシレーターセクション
  • OVERTONE/MULTIPLYのコントロールによる倍音付加セクション
  • 西海岸スタイルのエンベロープ/ファンクションジェネレーターSLOPEセクション
  • 東海岸スタイルのエンベロープCONTOURセクション
  • 波形のミックスや音量の電圧コントロールを行う最終出力セクション
となっています。
 

Signal Flow

金色の線は、内部でどのようにシグナルが結線されているかを示します。オーディオの流れとしては、オシレーターから三角波とスクエア波が出力され、その後倍音を付加するOvertone及びMultiplyセクションを通過し、複雑な波形に変形されます。その複雑な波形と三角波がBalanceセクションの設定通りにミックスされ、最後のDynamicsセクションで音量をContourエンベロープ(ゲートシグナルやMIDIノートで立ち上がります)でコントロールされることで発音します。これらのコントロールやシグナルの流れは、パッチングによってモジュレーションされたり、流れを変更することが可能です。詳しくは下記のパッチングの説明や、商品画像にカーソルを合わせると表示される各部の説明をごらんください。
 

演奏方法

0-Coastは、モジュラーシンセのテクニックは利用しつつも、パッチケーブルを使わない段階でも楽しくプレイすることができます。基本的な演奏の手段としては、
  • CV/Gateでの演奏: ピッチCVをオシレーターの1V/Octジャックに、ゲートをCONTOURセクションのGATEジャックにパッチします
  • ステレオミニケーブルによって送信するMIDIを使った演奏: 通常使われているDINのMIDIケーブルをステレオミニに変換するケーブルが付属するので、それをMIDI INジャックにパッチします。
  • ツマミを回すと音が出っぱなしになるドローンマシンとしての演奏: Voltage Mathセクションの出力をDYNAMICSセクションのDYNAMICジャックにパッチします。Voltage Mathのノブが音量コントロールになります
などがあります。その上でツマミをひねって音を作るのはもちろん、0-Coast内の様々な入力と出力をパッチケーブルで繋いでいくことで回路を変更し、モジュラーならではの更に幅広い音作りを試していくことが可能です。
 

パッチングと最終出力

矢印が出ているジャックは様々なオーディオ/CV/Gateシグナルの出力を示しています。白い背景のジャックは、CVの入力ジャックを示します。二重丸で囲まれたジャックは、ゲート/トリガーシグナルの入力ジャックを示します。 0-Coast内部でパッチングする際は、矢印の出ているジャックと、白い背景のジャックまたは二重丸で囲まれたジャックとをパッチしてください(入力同士、出力同士でパッチしても何も起こりません)。

右側、下から2番目のヘッドホンの印のあるLINE OUTジャックが最終出力となり、ステレオミニケーブルで接続してスピーカーやヘッドホン、ミキサーやオーディオインターフェースに送ってください。その下のDYNAMICジャックも同じ音が出ていますが、0-Coast内やユーロラックのモジュラーでの利用に適したモノシグナルとして使用します。

Program Page Setting

PGM_AボタンとPGM_Bボタンからアクセスする機能により、パネルではできない各種設定ができます。PGM_Aボタンによって各設定項目の"プログラムページ"にアクセスし、PGM_Bボタンで設定項目の値を設定します。基本的な操作は次のようになります。
  • PGM_Aボタン長押しでプログラムページ設定モードに入ります。この時にMIDI A及びMIDI BのLEDウィンドウが2回光ります
  • PGM_Aボタンを押すと、プログラムページを順番に選択していきます。設定したいプログラムページを選択するまで繰り返し押してください。プログラムページは全部で7ページあります。個々のページの具体的な設定項目については、下を参照してください
  • ここでPGM_Aボタンを長押しすると、選択したページの設定がデフォルト設定に戻ります。この時MIDI A及びMIDI BのLEDウィンドウが2回光ります
  • 選択しているプログラムページで、PGM_Bを押すと、そのページに対応した設定値を順次変えていきます。設定したい値になるまで繰り返し押してください
  • PGM_Bボタンを長押しするとプログラムページの設定モードから抜け出します
また、全てのプログラムページを初期設定に戻したい時は、PGM_AボタンとPGM_Bボタンを同時に押しながら電源を入れてください。
 

各プログラムページの設定項目

各プログラムページで設定する項目と設定の選択肢は次のようになります。上にもあるように、設定項目の切り替えはPGM_Aを押し、それぞれの項目の設定値の切り替えはPGM_Bを押して行います。()の中はそのページを選択している時のボタンの光り方を示します。
  • 1.アルペジエータ設定(PGM_A点灯): アルペジエーターのモードを次の2つから選択します。
     
    • PGM_B消灯(デフォルト): MIDIノートを、着信した順番にクロックに合わせてプレイします
    • PGM_B点灯: MIDIノートをプレイした順番に重ねていきアルペジオを作ります。MIDIノートがOFFになってもノートは再生され、次に同じMIDIノートがONになった時にアルペジオからそのノートが削除されます。
  • 2.レガート設定(PGM_Aゆっくり点滅): レガートの設定を次の2つから選択します。
     
    • PGM_B点灯(デフォルト): 最初にMIDIノートを着信するとゲートがONとなり、全てのノートがOFFになるまでゲートがONのままです
    • PGM_B消灯: 新しいMIDIノートを着信するたびにゲートが新しくONとなります。
  • 3.MIDIラーン設定(MIDI_A点灯): MIDI AやMIDI Bの受信MIDIチャンネルを、MIDIデータを送信することで設定(MIDIラーン)します。MIDI AとBで別々のチャンネルを設定すると、MIDI Bを変換したCV/Gateでユーロラックモジュラーなど他のシンセを鳴らすのに便利です。
     
    • PGM_Bを押していくことで、これから設定したいMIDIを選択します。MIDI_Aが点灯しているときはMIDI Aの設定、MIDI_Bが点灯しているときはMIDI Bの設定、両方が点灯しているときは両方を同時に設定します
    • MIDI AまたはB、もしくは両方のMIDIで受信したいチャンネルのMIDIデータを送信し、チャンネルを設定します
    • PGM_Bボタンを長押し(LEDが2回点滅します)してMIDIラーン設定を確定し、プログラムページ設定を抜け出します。この長押しを行わないとMIDIチャンネル設定は実際には変更されません。
    • また、PGM_Aボタンを長押しすると、MIDI_AとMIDI_Bどちらでも全てのチャンネルのMIDIを受信します(デフォルト設定)。
  • 4.MIDI B CV設定(PGM_A点灯、MIDI_Bゆっくり点滅): MIDI BのCV出力に、何をアサインするかを設定します。
     
    • PGM_B消灯: MIDIノートナンバー
    • PGM_B点灯: ベロシティ(デフォルト)
    • PGM_Bゆっくり点滅: モジュレーションホイール
    • PGM_B早く点滅: 三角波のLFO(MIDIとは独立、PGM_Aボタンのタップで周期を設定します)
  • 5.MIDI B Gate設定(PGM_A点灯、MIDI_B早く点滅): MIDI BのGate出力に何をアサインするかを設定します
     
    • PGM_B消灯: MIDIノート着信時にONとなるゲート
    • PGM_B点灯: ベロシティが50%より大きいときにONとなるゲート
    • PGM_Bゆっくり点滅: モジュレーションホイールが50%より大きいときにONとなるゲート(デフォルト)
    • PGM_B早く点滅: スクエアLFO(MIDIとは独立、PGM_Aボタンのタップで周期を設定するので、MIDI B CVで三角波LFOを有効にしていると周期が同じになります)
  • 6.MIDIクロック設定(PGM_A早く点滅): ランダム電圧の切り替えタイミングなどに使われるTempoにMIDIクロックを反映させるかの設定です。Tempoはその他PGM_Bのタップテンポや、TEMPO入力ジャックなどへのクロック/トリガーシグナルなどが反映されています。
     
    • PGM_B消灯(デフォルト): MIDIクロックはTempoに反映されません
    • PGM_B点灯: MIDIクロックがTempoに反映されます
  • 7.カリブレーション(MIDI_AとB交互に点滅、PGM_A点灯): MIDI_A CVコンバーターや、MIDI_B CVコンバーターのピッチシグナル変換のカリブレーション(調整)を行います。これは工場出荷時に調整されていますので、トラブル時や特殊な調整をする場合以外必要ありません。特殊な調整で必要な場合はマニュアルを参照してカリブレーションしてください。トラブル時にはカリブレーションを行う前に当店にお問い合わせください。
     

Firmware Update

※2016年12月現在、2016年11月以前にご購入の方はファームウェアが最新ではありません。細かいバグ修正も含まれますので、下記のプロセスに従ってアップデートを行ってください。12月以降にお買い上げの方は最新ファームウェアがインストールされています。1.5.4では起動時にPGM_A、PGM_B、MIDI Aが点滅します。

アップデート作業は電源のオンオフのスピードなどが若干シビアになりますので、人によりアップデート作業がなかなか成功しない場合があります。その場合は、0-COASTを当店で無料アップデートいたしますので、メールや問い合わせページよりご連絡ください。(往復の送料はお客様負担、当店で販売した0-Coastのみが対象となります)

1.5.4での修正点は次の通りです。
  • ・アフタータッチのバグ修正
  • ・アルペジオでのタイミングや、スタート・ストップの精度向上
  • ・MIDIクロックに同期したポルタメントが可能になりました。MIDI CC#65でON/OFF(0:OFF、1-127:ON)をコントロール、MIDI CC#5が0→127と増えるにつれポルタメントタイムを1/64分音符の時間単位でコントロールできます(0はオフ)。MIDIクロックとの同期を行うため、プログラムページをエディットしてMIDIクロックをONにしてください
  • ・プログラムページのエディットがPGM_A/Bボタン以外に、MIDI CCメッセージで行えるようになりました。また同じ機能を利用してAbletonから簡単にプログラムできるよう、専用のMax4Liveデバイスも用意されました(ファームウェアZipファイル内に含まれます)。


ファームウェアアップデート方法は次の通りです。オーディオファイルを0-COASTに流し込むことでアップデートを行います。
  • Zipファイルのダウンロードと解凍:こちらの最新版1.5.4をダウンロードし、ZIPファイルを解凍します。ZIPファイルに含まれるwavファイルを、PCやラップトップから100%の音量で再生する準備をしてください。
  • 0-COASTの電源を入れます
  • Voltage MathをTEMPO入力に接続:左下の四角いSUMウィンドウの上にあるVoltage Mathのアッテヌバータを右いっぱいに回します。Voltage Mathの出力(2つどちらでも可)をTEMPO入力にパッチします
  • PGM_Bを押しっぱなしにします
  • 電源をOFF→ON: PGM_Bを押したまま、電源をかなり素早くOFF/ONします。ジャックの抜き差しでは遅くなかなか成功しないので、スイッチつきの電源タップに接続し、タップのスイッチのOFF/ONで行ってください。PGM_B、MIDI_A、MIDI_Bが点灯したらPGM_Bをはなしてください。Voltage MATHとTEMPO入力間のパッチを外してください
  • PGM_Aを押します: PGM_Aボタンが点灯します。ここまでが0-COASTにファームウェアが残っている最後のステップです。この後のプロセスで失敗すると、内部のファームウェアが失われるため、関連機能が失われ、シンセサイザーとしても動作しなくなることがあります。その場合はファームウェアアップデートをやり直し、成功させるまで通常の状態に復帰できないのでご注意ください。
  • 再生機器の接続: ファームウェアwavファイル再生機器のオーディオ出力を、0-COASTのTEMPO入力に通常のパッチケーブル等で接続します
  • PGM_Bを押します: メモリー内のファームウェアが消去され、書き込みの準備がされます
  • ファームウェアの再生とアップデート: PCや携帯から、ファームウェアのwavファイルの再生を音量100%で開始します。通知音等を含む、他のオーディオが再生されないようにしてください。他の音が同時に再生されたり、音量が不適切な場合はファームウェアのアップロードに失敗し、0-COASTのLED等が全て点灯しなくなります。その場合はファームウェアアップデートプロセスを再度行ってください。アップデートが成功するまで0-COASTは正しく動作しません。アップデート中はPGM_AとPGM_Bが交互に点滅します。アップデートが正常に終わると、PGM_AとPGM_Bの点滅が消え、通常の0-COASTの状態に戻ります
  • ファクトリーリセット: アフタータッチを正常に動作させる為、設定のファクトリーリセットを行います。ファクトリーリセットは、0-COASTの電源を一度落とし、PGM_AとPGM_Bの両方を押しながら電源を入れ、MIDI_A/Bの点滅が終わるまでPGM_A/Bを押しっぱなしにします
  • アップデート成功の確認: ファームウェア1.5.4がインストールされていると、起動時にPGM_A、PGM_B、MIDI Aが点滅します。

EXTERNAL LINKS

  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてツイート