カテゴリー

Tiptop Audio Happy Ending Kit

カートに入れる
価格 : 円(税抜/Tax Excl.)
数量
 

Tiptop

Tiptop
 

FEATURES

ユーロラックのケース/電源のスターターキットとして定番のHappy Ending Kit!! これ1つでユーロラックモジュラーシンセが始められます。19インチラックにも収納可能(84HPの場合)。

HEKの構成は
  • モジュールを取り付ける枠部分となるレール"Z-Rails 84HP (PAIR)"
  • その2本のレールをサイドでとめ、デスクトップ/ラックどちらでも置けるようにする"Z-Ear Table Top (PAIR)"
  • そしてACアダプターから電気を引き込んでモジュラー用の電圧をセットアップする、4HPサイズの電源モジュール"uZeus"
  • uZeusから10台のモジュールに電気を供給できる"Flying Bus Board"
  • 日本で使用可能なアダプター(uZeusのアダプター用ジャックの口径が特殊なためコネクターをおつけします)
となります。



uZeusの3つの青いLEDは、uZeusがバスボードの12V、-12V、5Vのレールに電圧を供給できているかを示します。電源を入れた際、この3つのLEDが点灯することを確認してください。12V、-12V、5Vについてはこちらの説明をご参照ください。

モジュラーの電源について、注意点が2点あります。

電流量が、限界値を超えないようにしてください。限界値までいかない場合も、uZeusが熱くなったら構成を見直してください。
モジュールが引き込める電流の最大は、Happy Ending Kitに付属するuZeusでは、
1000mA@12V
500mA@-12V
170mA@5V
なので、モジュールの使用電流の合計が、各電圧での上記上限値を超えないように注意してください。 モジュラーが84HP1段の場合には、5Vから電流を大量に引き込むデジタルモジュールや特殊な真空管モジュールなどがなければ上限を超えることはまずありませんが、1つのuZeusで2段まで拡張していくとシビアになってくる場合がありますのでご注意ください。

モジュールとフライングバスボードをつなぐリボンケーブルの向きを間違えないでください。間違えた場合にはモジュールの故障にもつながり、電源の誤用のため保証の範囲外となってしまいます。

使用電流を簡単に知る方法も含めて、初めての方は電源とモジュールとの接続についてはこちらもお読みください。

Brands > Tiptop Audio > Tiptop Audio Happy Ending Kit
Case / Rack / Power / Bus Board > Tiptop Audio Happy Ending Kit
Case / Rack / Power / Bus Board > Case with Power > Tiptop Audio Happy Ending Kit

  • 商品についての問い合わせ
  • 商品についてツイート